カウンセラーって?

近年、メンタルケアに関心を持つ人が増えています。

 

そして、カウンセラーが、
「将来なりたい。」と希望する職業のひとつとなっています。

 

しかし、カウンセラーは、実際にはどのような仕事なのか、
仕事の中身についてや、どのくらいの給料がもらえるかなど、
カウンセラーという仕事について詳しく知っている人は少ないように思います。

 

カウンセラーとは

 

カウンセラーとは、「カウンセリングをする人」という意味です。

 

そして、カウンセリングとは、「相談」や「助言」、「指導」という意味があります。

 

ですから、カウンセラーとは、「相談に乗ってあげる人」、
「助言してあげられる人」、「指導を与えてあげられる人」
ということになります。

 

このうちの「相談」というものの中には、
「コンサルティング」という役割もあります。

 

カウンセラーが行うコンサルティングとは、
「心に悩みを持つ人の話を聞いてあげる、そして
その人にとって適切なアドバイスをしてあげる。」というものです。

 

カウンセラーは、さまざまなストレスにさらされることが多い
現代社会の中で増えている心に悩みを抱える人たちに向き合います。

 

そして、そのような人たちの心の悩みに対して耳を傾け、
心の病気を少しでもやわらげてあげるなどします。

 

つまり、カウンセラーが行うカウンセリングとは、
相手の心の悩みにしっかりと耳を傾けて、
悩みの原因や悩みを解決する糸口を「相手に気づかせる」というものです。⇒心理カウンセラー

 

コンサルタントとカウンセラーの違い

 

最近は、コンサルタントになりたい!と考える人も増えています。

 

では、コンサルタントと、カウンセラーはどのように違うのでしょうか。

 

イメージ的に両者は似ていますが、
コンサルタントは「一般的なアドバイザー」とすると、
カウンセラーは「コンサルティングの専門家」ということができます。

 

カウンセラーは、コンサルティングよりも、一歩踏み込んで、
カウンセリングを行うということになります。

 

なんだかとても難しいというイメージになってしまいましたが、
カウンセラーになるためには、まずは自分の自己管理、
そして、相手の心に向き合うこと、相手の話を傾聴できる・・・
そんなヒューマンスキルが必要です。

 

心の悩みを抱え、心が辛いという人にしっかり向き合い、
その人の話をじっくりと傾聴し、
その人にあった方法で悩みを解消してあげること、
または、その悩みをやわらげてあげるのがカウンセラーです。

 

そして、本人の力で、抱えていた悩みを
解決できるように手助けをしてあげる・・・
というのがカウンセラーの役割です。